本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

アルフレッド・シスレー (イギリス)1839〜1899

印象派の意目地を作り上げた男
シスレーはパリ生まれで生涯の大半をフランスで過ごしたが、国籍はイギリスである。
父親はパリで造花の輸出業をしていた。
シスレーは1857年から1861年までロンドンで商売の修業をするが、1862年には画家を志望してパリに戻る。同年グレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、ルノワールらと知り合った。彼らとともに戸外で主に風景画を制作し、1874年の第1回印象派展にも出品している。1874年の7月から10月にかけてイギリスに滞在した後、フランスに戻り、セーヌ河流域のルーヴシエンヌ、マルリ=ル=ロワ、ヴヌ=ナドン、モレ=シュル=ロワン、レ・サブロンなどを転々として風景を描いた。1899年モレ=シュル=ロワンで没した。
作品は風景画が多くモティーフも比較的地味な構図で色彩も薄茶を主体にしたものが多い、そのため明るい雰囲気をもつ作品が少ないが典型的な印象派のスタイルで、印象派のイメージを代表している


画像をクリックして下さい。
 シスレー ポール・マルリの洪水と小舟  シスレー ポール・マルリの洪水
ポール・マルリの洪水と小舟
1876年
61x50cm 
ポール・マルリの洪水
1876年
61x50cm 
   
 埠頭岸の砂
1875年
65x46cm
春の小さな草地
1881年
73x54cm 
   
モレ・シャル・ロワン
1891年
92x65cm 
サン・マメスのロワン運河
1885年
93x75
   
ルヴシェンヌの初雪
1871年
73x54cm 
 ルブシェンヌの道の雪
1886年
131x88cm
   
ヴィルヌーブ・ラ・ガレンヌの橋
1872年
65.4x49.5cm 
 アルジャントイユの大通り
1872年
65.4x46.2cm