本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

ポール・ゴーギャン (フランス)1848〜1903

南洋のエトランジェ(異邦人)
ゴーギャンは、フランスのポスト印象派の最も重要かつ独創的な画家の一人。「ゴーガン」とも表記・発音される。
ポール・ゴーギャンは19世紀の最も革命的な画家のひとりであり、彼の生き方同様、その芸術も伝統にとらわれることはなかった。
彼は35歳の時に画業に打ち込むために堅実な仕事を捨ててしまい、個人的、芸術的な欲求のため、結局社会の疎外者となった。
彼は晩年を南洋の島で過ごしたが、貧しく病気がちで時として画材代の支払いにも困った。
彼の重厚な主題は、大胆な色彩と形態により彼の内なる世界を表現している。

死亡したとき、ゴーギャンはほとんど忘れられていたが、3年後にパリで開かれた彼の展覧会でその非凡な才能が明らかとなり、それ以後、彼は20世紀の芸術に大きな影響を与えている。


画像をクリックして下さい。
   ゴーギャン「マリア礼賛」の詳細
自画像

 
マリア礼賛
1891年
113.7x87.6cm 
 ゴーギャン「花を持つ女」の詳細  ゴーギャン「バラと小像」の詳細
 花瓶を持つ女
1891年
70x45.5cm
ばらと小像
 
 ゴーギャン「浜辺の二人の女」の詳細  
浜辺の二人の女
1891年
68.5x91cm 
ヒマワリとナシ
 
 我々はどこから来たのか、我々は何者なのか
1897年
139x374.5