本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

ポール・セザンヌ (フランス)1839〜1906。

孤高の人
ポール・セザンヌはフランスの画家。ポスト印象派の時期に活躍し、「近代絵画の父」として知られる。後進への手紙の中で「自然を円筒、球、円錐として捉えなさい」と書き、この言葉がのちのキュビスムに大きな影響を与えた。同時期の画家としてはモネ、ルノワール、ゴッホやゴーギャンがいる。
性格が頑固であったため周囲からはあまり理解されなかったセザンヌだが温厚なピサロなどとは友情を結び印象派展にも出展し、印象派巨匠の一人と考えられている。

彼の肖像はユーロ導入前の最後の100フラン・フランス紙幣に、その作品とともに描かれていた。

画像をクリックして下さい。
 セザンヌ「リンゴとトオレンジ」の詳細  セザンヌ「カード遊びをする人々」の詳細
りんごとオレンジ
1899年
74x93cm 
カード遊びをする男たち
1893年
60x73cm 
   
 藁ひもを巻いた壺と果物
1895年
73x60cm
カード遊びをする人たち
1890年
134x181cm 
 セザンヌ「ヴィクトール山」の詳細  セザンヌ「大水浴図」の詳細
松の木のあるサント・ヴィクトワール山
1887年
66.8x92.3cm 
大水浴図
1906年
208.3x251.5cm
 セザンヌ「赤いチョッキを着た少年」の詳細  セザンヌ「キューピッド像のある静物」の詳細
赤いチョッキを着た少年)
1894年
80x64.5cm 
 キューピッド像のある静物
1895年
70.6x57.3cm
 セザンヌ「デルフトの花瓶のダリア」の詳細  
デルフトの花瓶のダリア
1873年
73x54cm 
 首吊りの家
1873年
55x66cm
 セザンヌ「青い花瓶」の詳細  
青い花瓶
1885年
61x50cm
 
鉢植えの花
1888年
92x73cm 
   
 ガルダンヌ
1886年
65x100cm
 晩年のセザンヌ