本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

モネ 前期 1840〜1880 印象主義の誕生。

1858年、風景画家のブーダンと知り合い屋外制作に強い興味を持ったモネは翌年、パリに出る。
ここで自らの将来を決める仲間たちマネ、シスレー、ルノワールたちと出会うこととなる。
若き彼らは当時のサロン中心の画風に馴染めず反抗的な画家であった。
世の中は新しい産業が生まれ、道路は整備され、都市から都市へ汽車が走り、ガラスと鉄の建物が建設され、人々の生活は大きな変革期を迎えていた。
モネたち若い画家はカンヴァスをもって積極的に屋外で活動し、風や光を取り入れた作品の制作に夢中になったが、世間からは受け入れられず絵もほとんど売れなかった。
そこで自分たちの展覧会を開こうとピサロが中心になり仲間たちに呼びかけ1874年4月初めての展覧会が開催された。
しかし、その評価は散々であった。「単なる印象を描いたものでとても絵画とは呼べないものばかり」などの評論が新聞や雑誌に掲載され、彼らの作品もほとんど売れず、その後も世評は好転することがなかった。
このことが後に「印象主義」「印象派」と呼ばれる所以となり、モネたちも自らを「印象派」と名乗った。
モネはカミーユと生活を共にし子供も生まれたが生活は困窮していた。モデルを雇う金もないためカミーユはモデルとして何役もこなし、多くの作品を残している。
1879年、カミーユは死去するがモネの前半生の作品作りにカミーユなしでは語れない名作を幾つも残している


画像をクリックして下さい。
モネ ルエルの眺め  ノルマンディーの農家
ルエルの眺め
1858年
45x65cm 
ノルマンディーの農家
1863年
65x80cm 
 モネ サン・タドレスのテラス  ルーブル通り
 サン・タドレスのテラス
1867年
129.9x98.9cm
ルーブル通り
1867年
65x93cm 
 ゴーディベール夫人  昼食
ゴーディベール夫人
1868年
217x138cm 
昼食
1863年
230x150cm 
 モネ 庭の女たち  モネ ベンヌクールの水辺
庭の女たち
1866年
255x205cm 
 ベンヌクールの水辺
1868年
81.5x100.7cm
モネ サン・タドレスのレガッタ   モネ ブージヴァルの橋
サン・タドレスのレガッタ
1867年
75.5x101.5cm 
 ブージヴァルの橋
1870年
63.5x91.5cm
 モネ アルジャントイユの入江  モネ アルジャントイユの散歩道
アルジャントイユの入り江
1872年
60x80.5cm
 
アルジャントイユの散歩道
1872年
50.5x65.2cm 
 モネ グラジオラス  モネ ひなげし
 グラジオラス
1876年
81.5x60cm
 アルジャントイユのひなげし
1873年
50x65cm
 モネ 印象・日の出  モネ 昼食
 印象・日の出
1873年
48x63cm
昼食
1873年
162x203cm 
モネ アルジャントイユのモネの庭   モネ アルジャントイユの画家の家
アルジャントイユのモネの庭
1873年
61x82cm 
 アルジャントイユの画家の家
1873年
60.5x74cm
 モネ アルジャントイユの橋  アルジャントイユの赤いボート
アルジャントイユの橋
1874年
60x80cm 
 アルジャントイユの赤いボート
   
プティ・ジュヌヴィエールの帆船
1874年
56x74cm 
庭のカミーユ・モネと子供 
1875年
55.3x64.7cm
 アルジャントイユの野原  モネ 散歩、日傘をさす女
 アルジャントイユの野原
1875年
54.5x65.5cm
 散歩・日傘をさす女
1875年
100x81
モネ サン・ラザール駅   モネ サン・ラザール駅
 サン・ラザール駅
1877年
110x75.5cm
 サン・ラザール駅 汽車の到着
1877年
101x82cm
   
 ひなげしの小道
1880年
80x60cm
梨とブドウ
1880年
65x81cm 
「モネ後期 」へ