本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

孤高の人  佐伯祐三 1898〜1928 

佐伯 祐三(さえき ゆうぞう、1898年4月28日 - 1928年8月16日)は、大正〜昭和初期の洋画家。大阪市生まれ。
<パリ時代の作品をBR>佐伯は1898年(明治31年)、大阪市・中津の光徳寺という寺に、男4人女3人の兄弟の次男として生まれた。

佐伯は画家として6年間の短い活動期間の大部分をパリで過ごし、フランスで客死した。作品はパリの街角、店先などを独特の荒々しいタッチで描いたものが多いがユトリロやゴッホにも通じるものがある。
佐伯の風景画にはモチーフとして文字の登場するものが多く、街角のポスター、看板等の文字を造形要素の一部として取り入れている点が特色である。作品の大半は都市風景だが、人物画、静物画等もある。
二十歳の時に結核で弟を亡くし自ら結核を病んでいた佐伯には死が常に身近なものであり生に対する焦燥感があったののだろうか月に20枚もの作品を描いたこともあった。
1928年に描いた「郵便配達夫」はとくに印象的だ。

画像をクリックして下さい。
 佐伯祐三 パリ作品  佐伯祐三 新聞屋
レ・ジュ・ド・ノエル(おもちゃ屋)
1925年
72.3x60.8cm 
新聞屋
1927年
73x60.3cm 
   佐伯祐三
 リュクサンブールの木立
1927年
71.0x59.5cm
肥後橋風景
1926年
60.7x90.7cm 
 佐伯祐三 パリ作品  佐伯祐三 パリ作品
工場
1928年
50.5x89.5cm 
モランのレストラン
1928年
59.0x71.5cm 
 佐伯祐三 パリ作品 佐伯祐三 靴職人 
村役場
1925年
37.7x45.5cm 
靴職人
1928年
131x88cm
 佐伯祐三 パリ作品  佐伯祐三 パリ作品
レストラン
1925年
90.5x89.7cm 
 黄色いレストラン
1928年
71.3x59.5cm
 佐伯祐三 パリ作品  佐伯祐三 郵便配達夫
靴屋
1925年
72.7x60.5cm
 
郵便配達夫
1928年
79.0x64.0cm