本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

サンドロ・ボッティチェリ (イタリア) 1445〜1510

フィレンツェ派の代表画家
サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli, 1445年3月1日? - 1510年5月17日)は、ルネサンス期のイタリアのフィレンツェ生まれの画家で、本名はアレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピ (Alessandro di Mariano Filipepi) といい、ボッティチェッリは兄が太っていたことからついた「小さな樽」という意味のあだ名である。ボッティチェルリ、ボッティチェリ、ボティチェリなどと表記されることもある。
初期ルネサンスで最も業績を残したフィレンツェ派の代表的画家。
フィリッポ・リッピの元で学び、メディチ家の保護を受け、宗教画、神話画などの傑作絵画を残した。
ギリシャ文化に純粋に傾倒したと見られる「春」「ヴィーナスの上陸」を描いた。その結果、400年に亘り忘れ去られてしまい、やっと受け入れられるようになったのは19世紀末だった。それまでヨーロッパはボッティチェリを受け入れるだけの多様性の素地に欠けていたため、ボッティチェリの名はあまり知られることはなかった。19世紀イギリスのラファエル前派に注目されたことから名声が広まっているという経緯がある


画像をクリックして下さい。
 ボッティチェリ プリマヴェーラ
 プリマヴェラ 春
1482年
203x314cm
ボッティチェリ ヴィーナスの誕生 
 ヴィーナスの誕生
1485年
172.5x278.5cm
 ボッティチェリ 東方三博士の礼拝  ボッティチェリ バラスとケンタウロス
東方三博士の礼拝
1475年
111x134cm 
バラスとケンタウロス
1482年年
207x148cm