本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

モネ 後期 1881〜1926 光と色彩と時間が創り出す印象を追い続けた男。

1879年、妻カミーユを亡くし、残された二人の子供をかかえどん底の生活をしていたモネだが1880年にはサロンに出品した作品が入選するなど、少しずつ上向きの兆しが舞い込むようになってきた。
1881年、41歳になったモネは交際中だったアリス・オシュディと生活を共にすることになり、作品にも時と共に変化する「光」をテーマに連作に興味を持つようになった。この頃から絵も売れるようになり生活も安定してきた。
やがてモネには「光の画家」の別称がつくようになり、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した画家でもあった。
1883年にはジヴェルニーに転居し、1888年からは「連作」にも本格的に取り組むようになる。
1893年頃から自邸の造園に夢中になり、その庭から「睡蓮」などの大作が次々に生まれることとなる。
モネは印象派グループの画家のなかではもっとも長生きし、20世紀に入っても『睡蓮』の連作をはじめ多数の作品を残している。
ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンらはやがて印象派の技法を離れて独自の道を進み、マネ、ドガらはもともと印象派とは気質の違う画家だったが、モネは終生印象主義の技法を追求し続けた、もっとも典型的な印象派の画家であった。

画像をクリックして下さい。
 スーラ「マニエールの水浴」の詳細
マニエールの水浴
1884年
200.5x301cm 
スーラ「グランドジャット島の日曜日の午後」の詳細 
グランドジャット島の日曜日の午後
1885年
202.5x305cm 
 スーラ「グランキャンの舟」の詳細
 グランキャンの舟
1885年
65x81.5