本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

ジョルジュ・スーラ (フランス)1859〜1891 静かな詩人の科学的絵画。

1859年パリで生まれる。
スーラは皇帝ナポレオン三世のパリ大改築時代に育ち、街が科学技術によって整備されていくのを目の当たりにした。
そうした科学技術を絵画の世界にも取り入れ、ジョルジュ・スーラは小さな色の点を並べる新しい絵画手法を発見した。
この技法は「点描主義」と呼ばれ厳密な科学理論に基づいて彼が考案したもので、特に有名である。
スーラは自尊心は強いが極端なはにかみ屋であり、ほとんどの時間をひとりアトリエにこもり絵を描くか、読書をしてすごした。
秘密主義でもあり自分が発見した最新理論を親友たちにさえ教えようとはしなかった。
彼の絵画世界は静けさと秩序の感覚が強調された。
スーラの画歴は短く12年の勤勉な制作活動がその全てであった。
1891年髄膜炎により31歳の若さで世を去った。

画像をクリックして下さい。
 スーラ「マニエールの水浴」の詳細
マニエールの水浴
1884年
200.5x301cm 
スーラ「グランドジャット島の日曜日の午後」の詳細 
グランドジャット島の日曜日の午後
1885年
202.5x305cm 
 スーラ「グランキャンの舟」の詳細
 グランキャンの舟
1885年
65x81.5