本文へスキップ

ギャラリーアオキはf複製絵画の販売を専門とする会社です。

ギャラリーアオキ

エドアール・マネ (フランス) 1832〜1883

自由な都会人
マネは1832年パリのブルジョワの家庭に生まれた。父は司法省の高級官僚であった。はじめ海外航路の船員となるが、1849年、17歳の時に画家になることを決意し、翌1850年に当時のアカデミスムの大家、トマ・クーチュールに弟子入りし、1856年まで学んだ。1859年、初めてサロン(官展)に出品した『アブサンを飲む男』が落選したが、審査員を務めたドラクワや、詩人のボードレールからは高く評価された。1861年、『スペインの歌手』と『オーギュスト・マネ夫妻の肖像』をサロンに出品し、2作とも初入選する。マネの画風はスペイン絵画やヴェネツィア派の影響を受けつつも、明快な色彩、立体感や遠近感の表現を抑えた平面的な処理などは、近代絵画の到来を告げるものである。

画像をクリックして下さい。
 マネ 笛を吹く少年
 マネ「バルコニー」の詳細
笛を吹く少年
1866年
161x97cm 
バルコニー
1868年
170x124.5cm 
 マネ「フォーリー・ベルジェールのバー」の詳細  マネ 草上の昼食
 フォリー・ベルジェールのバー
1881年
96x130cm
草上の昼食
1863年
208x264.5cm 
 ナナ  マネ 鉄道
ナナ
1877年
154x115cm 
鉄道
1873年
93.3x111.5cm