世界の名画 シスレー


Gallery Aoki
ルネサンス
 ボッティチェリ
 ラファエロ
 ダ・ヴィンチ
 ブリューゲル
 ルネサンスを生きた画家たち
バロック
 ベラスケス
 フェルメール
 ロイスダール
 レンブラント
 カラヴァッジョ
 ラ・トゥール
 アンチンボルド
 プッサン
ロココ
 ヴァトー
 フラゴナール
 ブーシェ
 シャルダン
 カナレット
新古典・ロマン主義
 アングル
 ターナー
 ドラクロア
 ジェリコー
 ダヴィッド
レアリズム
 ミレイ
 コロー
 ミレー
 クールベ
印象主義
 モネ (前期) 
 モネ (後期)
 マネ
 ドガ
 ルノアール
 スーラ
 コンスタブル
 セザンヌ
 ゴッホ
 ピサロ
 ゴーギャン
 シスレー
 ドーミエ
 モリゾ
20世紀の絵画
 カンディンスキー
 モディリアーニ
 アンリ・ルソー
 キスリング
日本人作家
 佐伯祐三
Gallery Aoki オンラインショップ             前のページに戻る

Alfred Sisley
アルフレッド・シスレー(イギリス) 1839〜1899

                                  
印象派のイメージを作り上げた作家

シスレーはパリ生まれで生涯の大半をフランスで過ごしたが、国籍はイギリスである。
父親はパリで造花の輸出業をしていた。
シスレーは1857年から1861年までロンドンで商売の修業をするが、1862年には画家を志望してパリに戻る。同年グレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、ルノワールらと知り合った。彼らとともに戸外で主に風景画を制作し、1874年の第1回印象派展にも出品している。1874年の7月から10月にかけてイギリスに滞在した後、フランスに戻り、セーヌ河流域のルーヴシエンヌ、マルリ=ル=ロワ、ヴヌ=ナドン、モレ=シュル=ロワン、レ・サブロンなどを転々として風景を描いた。1899年モレ=シュル=ロワンで没した。
作品は風景画が多くモティーフも比較的地味な構図で色彩も薄茶を主体にしたものが多い、そのため明るい雰囲気をもつ作品が少ないが典型的な印象派のスタイルで、印象派のイメージを代表している。



                            下の画像をクリックしてください。

シスレー ポール・マルリの洪水と小舟

ポール・マルリの洪水と小舟
1876年
61x50cm
シスレー ポール・マルリの洪水

ポール・マルリの洪水
1876年
61x50cm


埠頭岸の砂
1875年
65x46cm


春の小さな草地
1881年
73x54cm


モレ・シャル・ロワン
1891年
92x65cm


サン・マメスのロワン運河
1885年
93x75cm


ルヴシエンヌの初雪
1871年
73x54cm


ルヴシエンヌの道雪
1873年
75x54.5cm


ヴィルヌーヴ・ラ・ガレンヌの橋
1872年
65.4x49.5cm


アルジャントイユの大通り
1872年
65.4x46.2cm


複製画  花の絵画 アメリカの風景 
特選名画 世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント  著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ