名画 シャルダン  

Gallery Aoki オンラインショップ              前のページに戻る

ジャン・シメオン・シャルダンJean−Baptiste Simeon Chardin

ルネサンス

 ボッティチェリ

 ラファエロ

 ダ・ヴィンチ

 ブリューゲル

 ルネサンスを生きた画家たち

バロック

 ベラスケス

 フェルメール

 ロイスダール

 レンブラント

 カラヴァッジョ

 ラ・トゥール

 アルチンボルド

 プッサン

ロココ

 ヴァトー

 フラゴナール

 ブーシェ

 シャルダン

 カナレット

新古典・ロマン主義

 アングル

 ターナー

 ドラクロア

 ジェリコー

 ダヴィッド

レアリズム

 コロー

 ミレー

 クールベ

印象主義

 モネ (前期) 

 モネ (後期)

 マネ

 ドガ

 ルノワール

 スーラ

 コンスタブル

 セザンヌ

 ゴッホ

 ピサロ

 ゴーギャン

 シスレー

  ドーミエ

 モリゾ

20世紀の絵画

 カンディンスキー

 モディリアーニ

 アンリ・ルソー

 キスリング

日本人作家

 佐伯祐三

ジャン・シメオン・シャルダン (フランス) 1699〜1779



物静かなパリジャン

シャルダンは18世紀を目前にした1699年パリに生まれ、フランス革命前夜の1779年、同じくパリで没した。ロココ美術全盛の18世紀フランスを生き抜いた画家であるが、その作風は甘美で享楽的なロココ様式とは一線を画し、穏やかな画風で中産階級のつつましい生活や静物画を描き続けた。

シャルダンは、初期の静物画『赤エイのある静物』でアカデミーに認められた。軽薄で享楽的ななロココ芸術には批判的だった「百科全書派」のディドロでさえ、著書のなかでシャルダンを絶賛していた。

シャルダンの絵画は、その日常的・現実的な題材、静物画にみられる真に迫った写実表現などに、17世紀オランダ絵画の影響が顕著に見られる。それとともに、シャルダンの造形感覚や光と影の描写は、同時代の画家のなかでもきわだった近代性を示しており、後の印象派に通じるものがある。

晩年の1775年の年記のある、パステルで描かれたシャルダンの自画像(ルーヴル美術館蔵)もよく知られている。日除け帽を被り、丸眼鏡を掛けた老画家の自画像には、絵画一筋に生きてきた画家の実直な風貌がよく表されている。

                下の画像をクリックしてください。



シャルダン
 銅製の貯水器
1733年
28x23cm

シャルダン 銀のカップ

シャルダン
銀のカップ
1760年
41x33cm
  

シャルダン 花瓶の花

シャルダン
 花瓶の花
1760年
44x36cm

シャルダン オリーブを詰めた瓶

シャルダン
 オリーブを詰めた瓶
1760年
95x68cm



シャルダン
家庭教師
1738年
46.7x37.5



シャルダン
プラムを盛ったボウル
1728年
44.6x56.3cm



複製画  花の絵画  アメリカの風景 
特選名画 世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント  著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ