世界の名画 ロイスダール

Gallery Aoki オンラインショップ          前のページに戻る

Jacob Izaaksz Van Ruisdael 

ルネサンス

 ボッティチェリ

 ラファエロ

 ダ・ヴィンチ

 ブリューゲル

 ルネサンスを生きた画家たち

バロック

 ベラスケス

 フェルメール

 ロイスダール

 レンブラント

 カラヴァッジョ

 ラ・トゥール

 アルチンボルド

 プッサン

ロココ

 ヴァトー

 フラゴナール

 ブーシェ

 シャルダン

 カナレット

新古典・ロマン主義

 アングル

 ターナー

 ドラクロア

 ジェリコー

 ダヴィッド

レアリズム

 コロー

 ミレー

 クールベ

印象主義

 モネ (前期) 

 モネ (後期)

 マネ

 ドガ

 ルノアール

 スーラ

 コンスタブル

 セザンヌ

 ゴッホ

 ピサロ

 ゴーギャン

 シスレー

 ドーミエ

 モリゾ

20世紀の絵画

 カンディンスキー

 モディリアーニ

 アンリ・ルソー

 キスリング

日本人作家

 佐伯祐三

ヤーコブ・ファン・ロイスダール (オランダ) 1628〜1682


オランダ風景画の巨匠
ロイスダール 
ヤーコプ・ファン・ロイスダール(Jacob Izaaksz van Ruisdael, 1628年頃 - 1682年3月14日)は、17世紀のオランダの画家。 ルイスダールとも呼ばれる。
彼は1628年〜1629年頃、ハールレムに画商兼額縁職人の子として生まれる。
伯父のサロモン・ファン・ロイスダールも風景画家であり、ヤーコプもその影響を受けている。
ヤーコプは1648年にはハールレムの画家組合に登録しており、この頃には修業を終えて独立していたと見られる。1650年から1655年にかけてオランダ各地およびドイツを遍歴して各地で制作。1656年には活動拠点をアムステルダムに移している
レンブラントやフェルメールが活躍した17世紀は、オランダ絵画の黄金時代と言われ、他にも多くの優れた画家が輩出した。
こうしたオランダ絵画の黄金時代において、もっとも重要な風景画家と見なされるのがヤーコプ・ファン・ロイスダールである。
ロイスダールは森林、海岸、田舎道などさまざまな風景を描いているが、国土が平坦で起伏の少ないオランダの風景においては、必然的に空と雲が重要な要素になる。彼の風景画は、地平線を低めにとって、さまざまな空と雲の表情を描写し、光と大気の効果を追求したものが多い。彼の弟子や追随者は多く、有名な『ミッデルハルニスの並木道』を描いたメインデルト・ホッベマ(1638−1709)も彼の弟子である。


                 下の画像をクリックしてください。

ロイスダール ウェイク・ベイ・ドォールステーデの風車

ロイスダール 
ウェイク・ベイ・ドォールステーデの風車
82.5x101cm

ロイスダール 二つの水車と開いた水門

ロイスダール
二つの水車と開いた水門
87.5x111cm

ロイスダール 漂白場のあるハールレムの風景

ロイスダール
漂白場のあるハールレムの風景
55.5x62cm

ロイスダール 日に照らされた海岸の斜面の麦畑

ロイスダール
日に照らされた海岸の斜面の麦畑

61x71cm

ロイスダール 冬景色

ロイスダール
冬景色
42x49.5cm

ロイスダール オークの巨木

ロイスダール
オークの巨木
85x104cm




複製画 花の絵画  アメリカの風景 
特選名画 世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント  著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ