世界の名画 ブリューゲル 農民画 風俗画 絵画  

Gallery Aoki オンラインショップ             前のページに戻る
                          
世界の名画 風俗画 ブリューゲル 農民画家
本文へジャンプ
ルネサンス
 ボッティチェリ
 ラファエロ
 ダ・ヴィンチ
 ブリューゲル
 ルネサンスを生きた画家たち
バロック
 ベラスケス
 フェルメール
 ロイスダール
 レンブラント
 カラヴァッジョ
 ラ・トゥール
 アルチンボルド
 プッサン
ロココ
 ヴァトー
 フラゴナール
 ブーシェ
 シャルダン
 カナレット
新古典・ロマン主義
 アングル
 ターナー
 ドラクロア
 ジェリコー
 ダヴィッド
レアリズム
 コロー
 ミレー
 クールベ
印象主義
 モネ (前期) 
 モネ (後期)
 マネ
 ドガ
 ルノワール
 スーラ
 コンスタブル
 セザンヌ
 ゴッホ
 ピサロ
 ゴーギャン
 シスレー
 ドーミエ
 モリゾ
 セガンティーニ
20世紀の絵画
 カンディンスキー
 モディリアーニ
 アンリ・ルソー
 キスリング
  ユトリロ
日本人作家
 佐伯祐三

ピーテル・ブリューゲル(父) ベルギー 1525〜1569

農民画家

父ブリューゲルは『農民の踊り』、『子どもの遊戯』、『雪中の狩人』などの風俗画で有名な画家であるが、生年は(1525年から1530年の間と推定されているが)不明である。生地についてもブラバント公国のブレダとする説もあるが、確かなことはわかっていない。

同名の長男と区別するため「ブリューゲル(父、または老)」と表記されることが多い。

同名の長男は地獄の絵を描いたということで「地獄のブリューゲル」と通称される画家で、父の模作を多く作った。二男のヤンは静物画、特に花の絵を得意として「花のブリューゲル」と通称されている。ブリューゲル一族は他にも多くの画家を輩出している。もっとも、父ブリューゲルが没した時、長男は5歳、二男は1歳であって、父から直接絵画の手ほどきを受けたわけではない
このページでは父ブリューゲルと長男ブリューゲルについて紹介します。
ブリューゲルは親子共々農村を題材にした作品が多く農民画家として捉えがちだが二人とも農村に住んだことも農業を営んだこともありません。
しかし、父ブリューゲルはよく農民の格好をし村へ出かけていったという。
農民の粗野だが純朴で飾り気のない生活を題材にしたことで、それ以前にはなかった人間の素顔が描き出されている。

下の画像をクリックしてください。

プリューゲル 風俗画 プリューゲル 風俗画

農民の婚宴
1568年
油彩 板 114x163cm
長男
農民の喧嘩
1622年
油彩 板 42x57cm

プリューゲル 風俗画 プリューゲル 風俗画
長男
鳥罠のある冬景色
油彩 板 38.8x57.3cm
長男
三王礼拝
油彩 板 39x55.5cm
プリューゲル 風俗画   プリューゲル 風俗画 諺

干し草の収穫
1565年
油彩 板 117x161cm

ネーデルランドのことわざ
1559年
油彩 板 117x163cm
プリューゲル 風俗画 プリューゲル 風俗画

雪中の狩人
1565年
油彩 板 117x161cm

子供の遊戯
1560年
油彩 板 118x161cm

プリューゲル 風俗画 プリューゲル 風俗画 バベルの塔

農民の踊り
1568年頃
油彩 板114x164cm

バベルの塔
1563年
油彩 板 114x155cm




   

複製画 花の絵画  アメリカの風景 
特選名画世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント  著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ 会社概要と通信販売