世界の名画 ラ・トゥール

Gallery Aoki オンラインショップ               前のページに戻る
本文へジャンプ世界の名画 ラ・トゥール
ルネサンス
 ボッティチェリ
 ラファエロ
 ダ・ヴィンチ
 ブリューゲル
 ルネサンスを生きた画家たち
バロック
 ベラスケス
 フェルメール
 ロイスダール
 カラヴァッジョ
 レンブラント
 アンチンボルド
 プッサン
ロココ
 ヴァトー
 フラゴナール
 ブーシェ
 シャルダン
 カナレット
新古典・ロマン主義
 アングル
 ターナー
 ドラクロア
 ジェリコー
 ダヴィッド
レアリズム
 コロー
 ミレー
 クールベ
印象主義
 モネ (前期) 
 モネ (後期)
 マネ
 ドガ
 ルノワール
 スーラ
 コンスタブル
 セザンヌ
 ゴッホ
 ピサロ
 ゴーギャン
 シスレー
 ドーミエ
 モリゾ
20世紀の絵画
 カンディンスキー
 モディリアーニ
 アンリ・ルソー
 キスリング
日本人作家
 佐伯祐三

ジョルジュ・ラ・トゥール 1593〜1652


忘れられた「夜の画家」
1593年ロレーヌ公国(現フランス北東部)でパン屋の息子として生まれる。
ロレーヌ公国はフランスとドイツに挟まれた小国であったため、また宗教的にもカソリックとプロテスタントの争いの激しい地域でもあったことからラ・トゥール自身もその身の置き所に苦労した。
23歳までの記録はほとんど残っていないためどのように成人したのかは不明だが若いころから絵の才能は高く評価されていたようだ。アンリ2世がラ・トゥールの作品を150フランで買い取った記録が残っている(労働者の一日の賃金が1フランの時代)

ロレーヌ公国がフランスの支配下に入った後もラ・トゥールの作品はフランス政府が高価で買い上げていたが地方都市での活動のためかラ・トゥール自身の名声は高まることがなかった。
ラ・トゥールの死後は急速に彼に対する関心が薄れ、その後、約260年もの間、完全に忘れ去られていた。

1915年、ドイツの美術学者が「ろうそくの光」に着目をしラ・トゥールを再発見し、次々にラ・トゥールの作品が日の目を見ることとなり、今日では17世紀の巨匠の一人に数えられている。

                           下の画像をクリックしてください。

ラ・トゥール 大工の聖ヨセフ ラ・トゥール マグダラのマリア

大工の聖ヨセフ
1642年 油彩 板 137x102cm

マグダラのマリア
1640年油彩 板 117x91.8cm

ラ・トゥール クラブのエースを持ついかさま師

クラブのエースを持ついかさま師
1620年頃 油彩 カンヴァス 97.8x156.2cm



楽師たちのいさかい
1628年頃 油彩 カンヴァス 85.7x141cm
ラ・トゥール 女占い師 ラ・トゥール 豆を食べる人々

女占い師
1630年 油彩 カンヴァス 102x123.5cm

豆を食べる人々
作成年度不明 油彩 カンヴァス 74x87cm




   Copyright(c) 2010 Gallery Aoki Rights Reserved.