世界の名画 ミレイ

Gallery Aoki オンラインショップ                前のページに戻る
ミレイ
本文へジャンプ
ルネサンス
 ボッティチェリ
 ラファエロ
 ダ・ヴィンチ
 ブリューゲル
 ルネサンスを生きた画家たち
バロック
 ベラスケス
 フェルメール
 ロイスダール
 レンブラント
 カラヴァッジョ
 ラ・トゥール
 アルチンボルド
 プッサン
ロココ
 ヴァトー
 フラゴナール
 ブーシェ
 シャルダン
 カナレット
新古典・ロマン主義
 アングル
 ターナー
 ドラクロア
 ジェリコー
 ダヴィッド
レアリズム
 コロー
 ミレー
 クールベ
印象主義
 モネ (前期) 
 モネ (後期)
 マネ
 ドガ
 ルノワール
 スーラ
 コンスタブル
 セザンヌ
 ゴッホ
 ピサロ
 ゴーギャン
 シスレー
 ドーミエ
 モリゾ
 セガンティーニ
20世紀の絵画
 カンディンスキー
 モディリアーニ
 アンリ・ルソー
 キスリング
  ユトリロ
日本人作家
 佐伯祐三

ジョン・エヴァレット・ミレイ (イギリス) 1829〜1896


ラファエル前派の旗手

ミレイはイギリス南部サウサンプトンの裕福な家庭に生まれ、1840年、史上最年少の11歳で英国王立アカデミーの美術学校に入学を許可されるという早熟な少年であった。
しかし、1849年春、ミレイは美術学校の教授法に不満を持つ仲間とともに、秘密結社を思わせるPRBというイニシャルを入れた作品群をアカデミーの展覧会に出品し物議を醸す。これがラファエル前派の始まりである。
ラファエル前派とは王立アカデミーがイタリアルネサンスの巨匠ラファエルを模範と仰ぐ旧態依然の体制に対し反旗を翻し、ラファエル以前の初期ルネサンスの素直な表現を理想としようという考え方を持ったグループである。
発足当初は世間の非難を浴びたが1852年、ミレイがアカデミーに出品した「オフィーリア」が話題を呼びミレイの名が一躍有名となり1853年には英国王立アカデミーに準会員となった。
その後、ラファエル前派のスタイルを捨て人気作家としての道を歩み、死の直前にはアカデミー会長の座に登りつめる。


                         下の画像をクリックしてください。

ミレイ オフィーリア

オフィーリア
1852年
油彩 カンヴァス 76.2x111.8cm

ハートは切り札
1872年
油彩 板 165.7x219.7cm


エヴェリーン・テナント
1874年
油彩 カンヴァス 107.9x80cm

二度目の説教
1863年
油彩 カンヴァス 97x74cm


秋の枯葉
1855年
油彩 カンヴァス 104.3x74cm


マリアナ
1851年

油彩 カンヴァス 59.7x49.5cm



1856年
油彩 カンヴァス 113x176.3cm

両親の家のキリスト
1849年
油彩 カンヴァス 86.4x139.7cm




   

複製画  花の絵画 アメリカの風景 
特選名画  世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント  著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ 会社概要と通信販売