世界の名画 キスリング

                                       前のページに戻る
キスリング


Moise Kisling
キスリング 絵画 複製画 名画
キスリング 絵画 複製画 名画
キスリング 絵画 複製画 名画
ルネサンス
 ボッティチェリ
 ラファエロ
 ダ・ヴィンチ
 ブリューゲル
 ルネサンスを生きた画家たち
バロック
 ベラスケス
 フェルメール
 ロイスダール
 レンブラント
 カラヴァッジョ
 ラ・トゥール
 アルチンボルド
 プッサン
ロココ
 ヴァトー
 フラゴナール
 ブーシェ
 シャルダン
 カナレット
新古典・ロマン主義
 アングル
 ターナー
 ドラクロア
 ジェリコー
 ダヴィッド
レアリズム
 コロー
 ミレー
 クールベ
印象主義
 モネ (前期) 
 モネ (後期)
 マネ
 ドガ
 ルノワール
 スーラ
 コンスタブル
 セザンヌ
 ゴッホ
 ピサロ
 ゴーギャン
 シスレー
 ドーミエ
 モリゾ
20世紀の絵画
 カンディンスキー
 モディリアーニ
 アンリ・ルソー
 キスリング
  ユトリロ
日本人作家
 佐伯祐三
モイズ・キスリング (ポーランド)  1891〜1953


色彩を追及した男 キスリング

1891年、キスリングはポーランドのクラクフにユダヤ人として生まれる。地元クラクフの美術学校で、印象派の影響を受けたパンキュヴィッチに師事する。
1910年、19歳でパリに出て、モンマルトルで画家として本格的に絵を描き始める。
1912年、ピカソ、ブラックらの活動拠点モンマルトルのバトー・ラヴォワール(洗濯船)に移り住む。 同年、サロン・ドートンヌとアンデパンダン展に出品。
1919年、ギャルリー・ドリュエにて個展を開催。 好評を博し1920年代には画家として成功する。
キスリングは900点以上もの人物画を描きながらその人物の目はどこかうつろな眼差しで、遠くを見ている。
背景はややぼやけていて古典的だが人物のクリアーな線と色は人物をいっそう効果的に引き立たせている。
キスリング独特の鮮やかな色使いとそのモチーフがエコール・ド・パリで成功した理由ではないだろうか。
人物画であろうが風景画であろうが、また、静物画であろうがとにかくカラフルでその色彩バランスがすばらしい
1941年フランスがドイツに占領されユダヤ人のキスリングはアメリカに亡命するのだが、人が良くて明るい性格のキスリングはフランスから亡命した仲間たちを支援しアメリカでも成功を収めた。
1946年フランスに戻るが生涯、彼は色彩を追及した。


                          下の画像をクリックしてください。


キスリング マルセイユの港

キスリング モンパルナスのキキ

キスリング オランダ娘


マルセイユの港
1932年
油彩 73x54cm

モンパルナスのキキ
1925年
油彩 92x65cm

オランダ娘
1922年
油彩 100x73cm

キスリング 青い花瓶のある静物

キスリング 絵画 複製画 名画

キスリング 絵画 複製画 名画


青い花瓶のある静物
1914年
油彩 73x92cm


果物のある静物
1932年
油彩 81x100cm



1931年
油彩 97x130cm


複製画  花の絵画  アメリカの風景 
特選名画 世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント 著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ