前のページに戻る 
 

世界の名画 ルーアン美術館

 
TOPページへ 複製画 西洋絵画美術館 世界の美術館へリンク


19世紀のフランス画家たち


ルーアンはパリの西北に位置し、セーヌ河沿いに列車で約1間。
歴史と伝統のあるノルマンディー地方の中心の街で、パリの貿易の拠点として栄えた街でもあります。
そして、なによりもフランス救国の英雄として人々が讃える少女、ジャンヌ・ダルクが火刑にされ非情の死を遂げた街としても有名です。

 そうしたルーアンの中心地にあるルーアン美術館は、1801年、ナポレオン・ボナパルトの命によって設立された地方美術館で、フランスの美術館のなかでも最も歴史ある美術館のひとつです。

ヨーロッパ絵画ならどんな流れもルーアン美術館に欠けているものはないといわれるほど豊富なコレクションを誇り、とくに17紀と19世紀の作品群に見るべきものが揃っています。

  19世紀は絵画においてフランスが他のヨーロッパを圧倒し美術王国を築いた黄金の時代です。理想美や人間の理性を重んじる新古典主義、人間の感情を重んじるロマン主義、目に見えるものを見えるままに描こうとする写実主義、戸外の明るい陽射しのなかで光と色を発見した印象主義、そして人間の精神の内部を覗こうとした世紀末の画家たち。それまでの絵画の常識をつぎつぎに塗り替えていった時代で、現代の抽象絵画への道を切り開いた時代でもありました。

 本展では、こうした画期的な19世紀フランス絵画の流れを歴史画、ロマン主義、風景画、風俗画等の中から11点を選びました。



ベンヤミンの解放を拒否するヤコブ
ウジェーヌ・ロジェ
1829年
油彩 カンヴァス 114x146cm
ディオゲネスを訪ねるアレキサンダー大王
アンドレ・モンシオ
1818年
油彩 カンヴァス 149.5x180cm
ティヴォリの滝
シャルル・レモン
1822年
油彩 カンヴァス 26.5x36.5cm


イタリアの風景
レオン・フルリー
1840年
油彩 カンヴァス 46x66cm
ルーアンの港
ルイ・モザン
1855年
油彩 カンヴァス 177x287cm
ナイアガラの瀑布
シャルル・レモン
1838年
油彩 カンヴァス 65x89.5cm

ポン=タヴェンのボール遊び
シャルル・ジロー
1869年
油彩 カンヴァス 105x170cm
テベレ河の洪水から逃れるローマの農民
ヴィクトール・シュネッツ
1831年
油彩 カンヴァス 295x247cm
ナイアガラ瀑布
イポリット・スブロン
1857年
油彩 カンヴァス 137x212cm

攻囲されたパリに物資を運ばせるアンリ4世
フレデリック・ロンミイ
1818年
油彩 カンヴァス 190x281cm
ルーアンの牢内のジャンヌ・ダルク
アンリ・レヴォアル
1819年
油彩 カンヴァス 138x174cm



ページトップ
Copyright(C) 2011 Gallery Aoki All Rights Reserved.
HomeReplicaLink