世界の名画 アンリ・ルソー

             前のページに戻る



Henri Julien Felix Rousseau
ギャラリーアオキTOP >> 複製画TOP >>アンリ・ルソー
アンリ・ルソー(フランス) 1844〜1910


純粋無垢な芸術家

アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソーは、19世紀〜20世紀フランスの素朴派の画家。

20数年間、パリ市の税関の職員を勤め、仕事の余暇に絵を描いていた「日曜画家」であったことから「ル・ドゥアニエ」(税関吏)の通称で知られる。ただし、ルソーの代表作の大部分は彼が税関を退職した後の50歳代に描かれている。
税関市という薄給ながら安定した仕事を捨て、「まるで子供の落書きだ」などと言われながらも絵を描くことを諦めきれず画家の道に入ったルソーだが、その才能を高く評価していた人たちもいた。
ピカソもその一人だった、しかしルソー自身は彼らの前衛作品を理解していた様子はない。
ルソーの作品の何点かは値も付いたものもあるが、多くは二束三文で扱われ生活は生涯困窮していた。

                      下の画像をクリックしてください。

アンリ・ルソー 夢


1910年
204.5x298.5cm


アンリ・ルソー 蛇使いの女

蛇使いの女
1907年
167x189cm
アンリ・ルソー 眠れるジプシー女

眠れるジプシ−女
1897年
129.5x200.5cm


陽気なおどけものたち
1906年
146x113cm
豹に襲われる黒人
1910年
114x162.5cm
異国風景
1910年
130.2x162.6cm
入市税関
1890年
40.6x32.8cm
カーニバルの夜
1886年
117.3x89.5cm

複製画  花の絵画 アメリカの風景 
特選名画 世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント  著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ