Gallery Aoki オンラインショップ                前のページに戻る


  Eugene Henri Paul Gauguin
ルネサンス
 ボッティチェリ
 ラファエロ
 ダ・ヴィンチ
 ブリューゲル
 ルネサンスを生きた画家たち
バロック
 ベラスケス
 フェルメール
 ロイスダール
 レンブラント
 カラヴァッジョ
 ラ・トゥール
 アルチンボルト
 プッサン
ロココ
 ヴァトー
 フラゴナール
 ブーシェ
 シャルダン
 カナレット
新古典・ロマン主義
 アングル
 ターナー
 ドラクロア
 ジェリコー
 ダヴィッド
レアリズム
 コロー
 ミレー
 クールベ
印象主義
 モネ
 モネ (前期) 
 モネ (後期)
 マネ
 ドガ
 ルノワール
 スーラ
 コンスタブル
 セザンヌ
 ゴッホ
 ピサロ
 ゴーギャン
 シスレー
 ドーミエ
 モリゾ
20世紀の絵画
 カンディンスキー
 モディリアーニ
 アンリ・ルソー
 キスリング
  ユトリロ
日本人作家
 佐伯祐三
ポール・ゴーギャン(フランス)  1848〜1903

南洋のエトランジェ

ゴーギャンは、フランスのポスト印象派の最も重要かつ独創的な画家の一人。「ゴーガン」とも表記・発音される。
ポール・ゴーギャンは19世紀の最も革命的な画家のひとりであり、彼の生き方同様、その芸術も伝統にとらわれることはなかった。
彼は35歳の時に画業に打ち込むために堅実な仕事を捨ててしまい、個人的、芸術的な欲求のため、結局社会の疎外者となった。
彼は晩年を南洋の島で過ごしたが、貧しく病気がちで時として画材代の支払いにも困った。
彼の重厚な主題は、大胆な色彩と形態により彼の内なる世界を表現している。

死亡したとき、ゴーギャンはほとんど忘れられていたが、3年後にパリで開かれた彼の展覧会でその非凡な才能が明らかとなり、それ以後、彼は20世紀の芸術に大きな影響を与えている。


                             下の画像をクリックしてください。



自画像
ゴーギャン「マリア礼賛」の詳細 ゴーギャン「花を持つ女」の詳細

マリア礼賛
1891年
113.7x87.6cm



花を持つ女
1891年
70x45.5cm

ゴーギャン「バラと小像」の詳細 ゴーギャン「浜辺の二人の女」の詳細


ばらと小像

浜辺の二人の女
1891年
68.5x91cm

ヒマワリとナシ

1901年
93x73cm
我々はどこから来たのか、我々は何者なのか、
1897年
139x374.5cm


複製画 花の絵画  アメリカの風景 
特選名画 世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント  著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ