花を描く巨匠たち モネ ルノワール ゴッホ  前のページに戻る

ルノワール ゴッホ モネ 花


Flower Collection
ルネサンス
 ボッティチェリ
 ラファエロ
 ダ・ヴィンチ
 ブリューゲル
 ルネサンスを生きた画家たち
バロック
 ベラスケス
 フェルメール
 ロイスダール
 レンブラント
ロココ
 ヴァトー
 フラゴナール
 ブーシェ
 シャルダン
 カナレット
新古典・ロマン主義
 アングル
 ターナー
 ドラクロア
 ジェリコー
 ダヴィッド
レアリズム
 コロー
 ミレー
 クールベ
印象主義
 モネ (前期) 
 モネ (後期)
 マネ
 ドガ
 ルノアール
 スーラ
 コンスタブル
 セザンヌ
 ゴッホ
 ピサロ
 ゴーギャン
 シスレー
 ドーミエ
 モリゾ
20世紀の絵画
 カンディンスキー
 モディリアーニ
 アンリ・ルソー
 キスリング
日本人作家
 佐伯祐三
風景画 宗教・神話 抽象画など
巨匠たちが描く「花」

「描きながら心と体が最もリラックスできた瞬間だ」と多くの巨匠たちが云っていたもの、それは「花」だった。

ルノワールも「花」ほど画家にとって素晴らしい教材はないと言っているとおり「花」を描くことによって多くのことを学ぶことができた。

画家は様々な「花」を描きながら、その色彩や香りまでも表現しようと工夫し、また、ゴッホのように「花」を通じ自分自身の内面まで表現しようとする。言葉では語れない奥行きがあるのだ。



モネ ひまわり ゴッホ ひまわり
菊の花束
ルノワール
ひまわり
ゴッホ

ルノワール 春の花束 モネ 花瓶
春の花束
ルノワール

花瓶
モネ
ひまわり
モネ

銀の花瓶と花
アールスト

ゴッホ 花瓶のばら
バラと小像
ゴーギャン
花瓶のバラ
ゴッホ

ガラス器の中のバラ
ラトゥール
花束
シャルダン

デルフトの花瓶に生けたダリア
セザンヌ
にわいばら
ルノワール
クリスタルガラスの花瓶に入れたカーネーションとクレマティス
マネ
アルバスターの台座の上の籠の花
スパーンドンク

このページのTOPへ戻る