カテゴリー別アーカイブ: モネ

日本人はモネが好き(3)

モネと睡蓮

モネといえば「睡蓮」といえるほど多くの作品を残しています。ジヴェルニーに移り住んだ晩年に描いたものです。
数年前、ジヴェルニーのモネの家を見学しましたが、室内の壁には多くの「浮世絵」が飾ってあり当時のジャポニズムの一端を見るようでした。
また、庭の一部の「睡蓮の池」は明らかに日本をイメージしたものの様に思えました。
モネは「睡蓮」の何を描きたかったのでしょうか?それは、睡蓮そのものではなく睡蓮の池の水面に反射して見える別世界のイメージではないでしょうか、一見単調に見えるその風景も季節や時間、その日の天候や気温、周囲を飛び交う虫や小動物の音と匂い、それらがモネの小宇宙となって脳裏にイメージされるのでしょう。まさに印象派の真髄といえます。
suiren5
パリ・オランジュリー美術館の「睡蓮の部屋」は圧巻でした。
モネの「睡蓮」を飾るためだけに作られた楕円形の二つ部屋に巨大な作品が壁一面に展示されています。
作品8点による連作です。
自身が作り上げた「睡蓮の池」に魅了され、晩年、精魂こめて描き上げた大作。
suiren6
すでに二人目の妻アリスは世を去り、息子ジャンもまた先立ってしまった。自身は白内障を患い、手術で回復したとはいえ苦難の中にあった。
そうした逆境の中、睡蓮の展示を計画し、大作に挑戦したモネの「睡蓮」に対する強い執着心が筆に神の力を与えたといえるでしょう。
しかし、モネ自身もまた自ら計画し夢に見たこの美術館での展示には間に合わず「睡蓮の部屋」が完成する1年前に他界しました。
享年86歳。

日本人はモネが好き(2)

モネと言えば「印象派」という言葉が浮かんできます。
1874年の展覧会に出したモネの作品「印象・日の出」が批評家の間で「最悪の作品」として評判になったことが「印象派」といになっています。
hinode1
ある批評家は「なるほど、印象といえば確かに印象のようだが、これなら小学生が描いた絵のほうがまだましだ」と言ったそうです。
しかし、モネの作品の中でこのように書きなぐったように描かれた作品は他には見当たりません。おそらくアカデミズムな批評家たちに一撃を加える目的で描かれたのではないでしょうか。モネは批評家たちの最悪な評価を聞いてほくそ笑んでいたに違いありません。
この展覧会以降モネたちのグループ自ら「印象派」と名乗るようになりましたが、実際にはいろいろなジャンルの画家たちが混じっており今日まで印象派画家といわれる作家はほんの数人でしかありません。
そもそも、「印象派」の定義も大雑把で曖昧なものなのですが、印象派といわれる画家にはモネを筆頭にピサル、シスレー、ルノワールなどがおりますが共通項は全体にやわらかく「季節や風、光や香り」など豊かに感じる作品が多いように思えます。
そのあたりが日本人の感性と符合するのかもしれません。

日本人はモネが好き(1)

どうして日本人はモネが好きなのでしょう?
ルノワール、セザンヌ、ピサロ、シスレー、ゴッホ、ルソーなど印象派画家、ポスト印象派画家の作品が日本人には好まれます。
中でもモネの作品は非常に人気があります。年齢や性別に関係なく日本にはモネのファンが多いように思えます。
モネの作品には風景画が多くどの作品からも爽やかな風を感じます、また、人物も描かれていますがその風景に自然に溶け込み作品全体から初夏の風のように心地よい感触を受けます。
太陽の光と白い雲、そして緑の草樹の間を吹き抜ける爽やかな風、そうしたものが日本人の感性と連動するような気がします。
arujyantoiyu-4