カテゴリー別アーカイブ: ゴッホ

「ジャポニズム」とゴッホ(2)

「僕の作品は、日本人がやったものの上に成り立っている」。そう手紙に書いているゴッホはオランダ時代には「まったく」と言っていいほど「浮世絵」に興味を示しませんでした。

そのゴッホがパリに来て大量の「浮世絵」に接し、強い衝撃を受けたという。確かにパリに来てからのゴッホの作品の色彩は明るく、リズミカルだ。オランダ時代のように暗く、思い込んだような深刻さはありません。多くの批評家は「浮世絵」の明るく大胆な画風と、ストレートで明快な表現に強い刺激を受けた結果であると論評しています。とりわけ南フランスのアルル地方での作品には「光と色彩の国、日本」というゴッホの日本イメージを重ね合わせた試みが随所にみられます。

もちろん「ジャポニズム」はゴッホだけのものではありません。モネやセザンヌ、ルノワールもまた「浮世絵」や陶器、扇子や置物などに刺激を受けた画家たちなのです。

しかし、それでもゴッホの「ジャポニズム」は特別と言っていいでしょう。その思いの強さはゴッホ流で正確に日本をイメージしたものではないかもしれませんが、日本に対する愛情は正真正銘のものに違いありません。だから、日本人はゴッホが好きなのです。ちょっと変わり者だと思われているゴッホですが、それもまたゴッホの魅力ではないでしょうか。

20世紀絵画(西洋絵画美術館)

ゴッホ(ギャラリーアオキ)

ゴッホの手紙(西洋絵画美術館)

「ジャポニズム」とゴッホ

「ここの自然がいつまでも好きなことは今後も変るまい、それはまるで日本美術のようなもので、一度好きになると決して飽きないのと同じだ」
これはゴッホが南フランスのアルルにいたころ弟テオにあてた手紙の中の一部です。南フランスの空気が日本のように新鮮で開放的だとも話しています。もちろんゴッホは日本に行ったこともないわけですから想像上の「日本イメージ」なのですが日本人にとってみればチョット嬉しいような気がします。

 

19世紀後半ヨーロッパにジャポニズムの波が押し寄せた時代にゴッホも浮世絵に熱中し、弟テオと展覧会を開いたこともあるほど日本美術に夢中になりました。
下の作品では「雨を線」で描いています、ヨーロッパ絵画にはないです。
gogh1
ゴッホ 日本趣味「雨の大橋」広重の模写