作品製作技法(ジクレー)について            前のページに戻る
                                            

ギャラリーアオキ 複製画

ジクレー[Giclee]の語源はフランス語のインクの吹き付けを意味しています。
インクをダイレクトに版画紙やキャンバスに吹き付けるコンピュータ技術を使った最新の版画技法です。
インクのミクロン粒子の直径は最小で15ミクロン程度と人間の赤血球位の大きさですので微妙な階調を表現する上で殆ど制約を受けません。
他の版画技法に比べ高精細でかつ鮮やかな発色が特徴で、顔料インクを使用するため耐光性にも優れています。
そして専用10色プリンタによりワイドガモットな色彩表現が可能になり色彩の正確な再現ができるようになりました。
制作行程で溶剤等を使用しないので、安全で環境にもやさしい技法です。
またジクレーは版やスクリーンを使用しないため、これまで制作行程に多くの時間と費用がかかった他の版画制作に比べ、大幅に制作期間を短縮することに成功し、追加プリントもオンデマンドで1枚からすばやく対応できますので、納期の短縮とコストの削減が可能となりました。
ジクレープリントは、高画質で高スピード、低価格を実現している現代の新しい版画技法です。


複製画購入時の注意点:パソコンモニター上でご覧になる画像はバックライトによって照らし出される構造上、原画に比べ色が鮮やかに見える傾向にあります。弊社ではプリントアウト時に原画に関する参考資料を基に微妙な色調整と明るさの調整を行い作品を提供します。したがってお客様のモニターで見える画像と提供される作品に微妙な違いが発生する場合がございますので予めご了承ください。

名画複製

スキャニングデータ (ゴッホ ひまわり)
複製名画

ジクレー出力結果
  作家の筆使いがしっかり表現されている。(特にゴッホの作品は筆あとが強く残る技法のため
  凹凸感は明瞭に表れる)
  しかし、古典作品においてはフラットに描き筆あとを残さない技法のため原画でも凹凸感が
  明瞭に表れることはない。


額縁と絵画の鑑賞について

弊社の作品の額縁には一般の額縁同様、ガラス
またはアクリルが保護材として付いております。
そうした保護材を使わず直接鑑賞するのが本来の
鑑賞法でありますが作品保護のため付けております。
(有名美術館ではガラスを付けたまま
鑑賞させるところもあります)
個人宅においては照明の関係で乱反射や背景物の
映りこみ等によって作品が鑑賞しにくい場合には
ガラス、またはアクリルをはずすことも可能です。

凹凸加工および表面ラミネート処理
注)現在、弊社ではすべての作品に凹凸加工は施しておりません。
以前は油彩画の雰囲気を出すために印象派以後の作品について凹凸加工を施しておりましたが
原画の筆遣いが損なわれ、異質感があるため手を加えないことにいたしました。
近づいて観ますとフラットな印象を受けますが、凹凸感は美術館での原画の見え方に近いと思います。
出来るだけ原画に近い表現になるよう検討した結果ですのでご了承ください。
また、
液体ラミネートも作品によっては使用しない場合があります。
古典作品では表面にニスを塗ってある作品がほとんどです。
本来、表面を保護するために使用するものですがつや出しの役目もあります。
19世紀に入って絵の具が進歩し発色やキャンバスの定着が良くなり、作品にニスを塗ることが少なくなりました。
古典作品はテンペラ画が主流で板やキャンバスの定着が悪く発色もあまりよくありませんでした。
そのため仕上げにニスを塗ることが多く、作品につやを出し、絵の具の乾燥を防ぎ発色を良くしました。
液体ラミネートはそうしたニスの役割をいたします。
しかし、印象派以後の作品については表面に過剰なツヤや光沢がありますと作品に違和感が出ます
ですから古典作品には液体ラミネートまたはニスを使用しますが印象派以後の作品については
作品毎に判断することにしております。
高性能な顔料インク(エプソン製)PX-P/K3使用ですので耐光性、耐オゾン性、耐水性に優れており
液体ラミネートを使用しなくても作品の耐久性に問題はありません。



ジクレー使用機材   エプソンPX-H8000  10色顔料インク
キャンバス        フランス キャンソン社製 ジクレー用キャンバス
透明盛り上げ剤    通常使用しない。
表面保護材       液体ラミネート(UVカット材入)、作品により使用しない場合もあります。


作業工程    データのスキャニング⇒色調整⇒プリントアウト⇒木枠取り付け⇒液体ラミネート塗付またはニス⇒額縁取り付け⇒完成


原画と複製画の比較検討のため原画を観察する。

パリ オルセー美術館にて原画の観察
       館内風景            モネ 「パラソルをさす女性」           ルノワール「都会のダンス」        ゴッホ「アルルの女」


ルーブル美術館
ダヴィッド「ホラティウス兄弟の誓い」の観察
ルーブル美術館
ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」の観察 
ベルサイユ宮殿
ナポレオン
ボストン美術館
ヨーロッパ美術
ボストン美術館
ゴッホ「郵便配達夫」
ボストン美術館
ヨーロッパ美術



HOME Replica